資産ドックBiz

資産ドックBiz

資産を客観的に分析する
「資産ドックBiz」

人の体も定期的な健康診断が重要なように、今“不動産の健康診断”が注目を集めています。「資産ドックBiz」とはビルや社宅、遊休地などの保有不動産を多角的な側面から捉え、有効活用や収益力向上、将来の承継への対応といったさまざまな戦略策定を可能とする三井不動産リアルティ独自の不動産総合診断ツールです。

[収益性][資産性][流動性]→多角分析→[ROA・ROE向上][資産効率最大化]

さまざまな角度から、きめ細かな分析で適切なソリューションをご提供します。

活かすべき資産、
売却すべき資産を的確に判断

マーケットサイクルにおいて現在の市況がどこに位置するかを見極めて行動することが重要です。そのような中、不動産は個別要素が非常に強く、不動産戦略の実行には時間が必要ですので早めの準備が勝負のカギを握ります。

ある企業様の資産ドックBizによる診断の結果…

No.1 資産処分

No.2 収益性の安定・向上

No.3 遊休資産の収益化

No.4 現状維持

資産の体質改善

「資産ドックBiz」の進め方

さまざまな分析により各不動産の評価を行い、現状を把握します。その後、貴社の優先順位などを確認させていただいた上で、ニーズに合わせた不動産戦略の立案、保有不動産の価値最大化を目指します。

現状分析

Phase 1現状分析

貴社の保有不動産の情報管理やマネジメント状況について、貴社不動産戦略の優先順位などを確認の上、対象物件の情報整理、現時点での立地特性、適正用途、概算資産評価を行います。

資産戦略の第一歩は「現状把握」

グラフで「見える化」

シナリオ策定

Phase 2シナリオ策定

対象不動産の時価評価、管理コスト査定、流動性の確認、リスク分析などの不動産評価を行います。
その検証結果を踏まえ、目的・重要度に応じた不動産の活用策を検討します。

[目的]ROA・ ROEの改善、CF創出→[不動産戦略の方向性]資産の流動化、証券化、有効活用

[目的]管理・運営コストの削減→[不動産戦略の方向性]資産管理関連業務のアウトソーシング等

[ポートフォリオの作成]処分すべき物件、稼働中施設のセールス&リースパック、稼働中施設の高効率化、低利用地の有効活用

不動産戦略の実行

Phase 3不動産戦略の実行

お客さまのニーズに合わせて、貴社の不動産に関する課題を解決します。

[戦略の実行]単純売却、証券化、セールス&リースパック

[資産再整備の実行]施設集約化、有効利用の推進

[流動化困難への対応]事業用定借による暫定利用、土地の交換による優良資産への入れ替え

不動産流通のプロである三井不動産リアルティだからこそ分かる最新データにもとづき、資産の“今のかたち”を客観的に分析します。

お問い合わせ

資産ドックBizに関するご相談は以下までお問い合わせください。

お電話でのお問い合わせ

お電話でのお問い合わせ0120-921-582

受付時間 9:30~18:00(平日)

Webでのお問い合わせ

担当部署:ソリューション事業本部 FAX:03-5510-4984 住所:東京都千代田区霞が関3-2-5 霞が関ビルディング

関連情報

三井不動産リアルティの関連サービスや関連事例をご紹介します。

関連サービス



関連事例